2017年05月23日

ビットコインの未来

ビッグカメラがビットコインを決済に導入したという話を聞きました。

ビットコインを導入してるのはそのほかにも音楽ストリーミングサービススポティファイも記憶に新しく、ぐるなびも各飲食店に導入を促しています。

他にもガス代の支払いができるbitFlyerは複数のLPガス販売事業者と提携し、決済方法の整備を進めているそうです。

そもそもビットコインとはどういうものなのでしょうか?

ビットコインとはインターネット上の取引や通貨発行。

マイニング(採掘)が行われる分散型仮想通貨です。政府や中央銀行などの中央機関を介さず、また、P2P(Peer to Peer)による取引が行われるため、取引の仲介手数料が低く抑えられる利点があります。

P2Pの概念が複数の端末間を対等に通信する手段であり、不特定多数の個人間での直接やり取りを行うネットワークです。

つまり、仮想通貨というデータを各ピアが保持し、不特定多数の個人間で直接やり取りができる取引の匿名性もこのビットコインの魅力です。

これから続々と導入する企業も増えてくるでしょう。

また、このシステムを利用したFX投資や裁定取引(アービトラージ)とFX運用でファンド的な高額配当を狙えるHYIPシステムとして魅力的なBit Monsterは、公開が始まったばかりで正に今が狙い目の投資です。

新しいシステムは人間どうしても構えてしまうものです。

受け入れるにしても受け入れないにしても前もって知識や利便性を知っておくことは重要だと私は思います。
posted by mobaseo at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース

2016年06月29日

婚活パーティーの事

知人に、婚活パーティーで出会った彼と、半年と経たずに電撃結婚をした人がいます。

最初はお付き合いの期間があまりにも短いため、驚いてしまったのですが、本人曰く「お互い、結婚願望があってパーティーに参加したのだから、トントン拍子で話が進んでいった。」とのこと。

なるほど、確かにプロポーズのタイミングを計る必要はなく、話が早いかもしれません。
長年付き合っていたものの、相手に全く結婚願望がなく、待ち切れずに別れてしまったカップルも多く見かけますし。

婚活パーティーのいいところは、お見合いより気軽に参加でき、街コンよりしっかり相手と話す時間が作れることでしょうか。

あまりに大人数だと、積極的な人が有利になってしまい、結局目当ての人と話せないまま終わる…なんてことになりそう。

一方デメリットですが、実際に参加した知人たちは口を揃えて「年齢が上の男性ばかり」と言っています。

若い男性が来ることの方が珍しいようで、激しい競争率になってしまうそうです。

年上好きの女性にとっては、むしろ嬉しいことかと思いますが、知人たちは同年代との出会いを求めていたため、がっかりしたそう。

東京での婚活イベントは毎週のようにありますが、地方でもネットの情報サイトを見ると大手結婚相談所などが主催する結婚情報サイトが各県の主要都市で月に一度は開催しているようです。
posted by mobaseo at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース

2015年01月28日

生ごみとエコ

我が家では極力生ごみを少なくする方法を考えています。

もちろんどうしたってなくなる物ではないけれど食べられるものはまずは全て食べる事努力します。

最近流行っているベジブロスは実践しています。
野菜の皮や茎その他をスープにする事によって体へ栄養も取り込めて煮る事によってごみの量を減らすそんな利点があります。

生ごみを抜きにしても女性ならやってみる価値あります。

やっぱり大変な事って苦にならず楽しんでやる事が長続きする秘訣だと思います。

後は大勢の方が実践している事ではありますが元の場所土に戻してあげる事です。

家庭菜園をしているの肥料として土に戻すこれは良いです。

ただちょっと田舎だと動物に掘られる事もあるので匂いには注意しながらですが。

やはり組織が大きい企業、飲食店はそうは簡単にはいかない問題です。

大手ならばシステムを構築する技術も考えやすいのでそれを一括して集め粉末状にしてごみの量を減らしたり、逆手にとって肥料にして提携している農家の取れ立て野菜と一緒に販売し利益をあげる。それによってもっと食べ物に目を向けてもらいながら今のごみ問題にも関心を持ってもらう。若者には居酒屋チェーンなどが積極的に働きかけるなども良いかもしれないです。

いま最も注目されている業務用の生ごみ処理機は、バイオテクノロジーで微生物がゴミを分解し、気体と水に替えてしまうのだそうです。

これはすでに実用化されていて、シンクピアという商品名で販売されており、その処理能力は100キロ〜500キロと十分に実用的なのです。

個人店では生ごみの処理は大きくは出来ないので、コンポストなどを使い堆肥を作って農家の方などに提供するなども一つの方法だと思います。
posted by mobaseo at 18:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース

2015年01月08日

電子タバコの需要急増中!

電子タバコは、カートリッジに香りや風味を付けた液体を詰め、これをリチウム電池を使った充電式電池で加熱して蒸気化し、その蒸気を吸うというものです。

つまり、電子タバコで吸うのは煙でなく蒸気。だから、電子タバコの煙はすぐに跡形も無く消えてしまいます。

紙巻きタバコと違って火を使わないため、副流煙も発生しないのです。

基本的に電子タバコは紙巻きタバコよりも周囲に対する安全性の高い品だと言えます。

分煙が広がっている今日、電子タバコはタバコの煙による受動喫煙を防止するのに貢献していると言えるでしょう。

電子タバコの市場は世界的に徐々に拡大しており、日本でも10業者以上が製造、販売しています。

ことに2010年のタバコの値上げ以降は禁煙グッズとして電子タバコの人気が高まっています。

電子タバコによる禁煙効果はニコチンパッチとの併用で格段に上がるというデータもあります。

また、電子タバコの通販ショップを覗けば、その種類の多さに驚くでしょう。

金属製のおしゃれなパーツ群を、コレクションしたくなる人も多いそうです。

日本で販売されているアイテムは、基本的にニコチンを含有しないものですので、禁煙からコレクターへという方が多いでしょう。

そうした製品は依存性のある物質が使用されていないので、安全性が高いと言えるでしょう。
posted by mobaseo at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース

2014年04月23日

探偵事務所

今も昔も少年たちのあこがれ、というか"謎"の職業の一つに探偵というものがありますが、いつの世代でも。名探偵が難事件を解決する推理アニメが存在するのですから無理もありません。

実際に私が探偵に有ったのは、社会人になってかなりたってからの事。
それも最近です。

私の知人の会社のリリース情報が、ここ1年で外部に筒抜けになっていることから、極秘で探偵事務所に調査を依頼していたのです。

情報が漏れているという事は、「内部に漏らしている人がいる」「ソーシャルハッキングされている」「東京されている」と言ったさんざマナ方面に疑いがかかるわけですが、もし内通者がいるという事態の場合、この話を車内で進めるわけにもいかないという事で、旧知の友人である私とその会社の社長の二人だけで手配を進めていたのでした。

まあ、結論から言って、内通者ではなく社内に盗聴器が仕掛けられていたという事なのですが、そうなると今度は誰が仕掛けたのかという問題になります。

結局、素人がいくら折っていっても次々と問題にぶつかる上に、会社の代表者が躍起になって犯人探しをしていれば、それを察知して逃げられてしまうでしょう。

それが探偵に調査を依頼すれば、第三者であり、プロの調査員が事の顛末をレポートにして提出してくれるわけです。

結果的には、以前勤めていたキャリア転職組の一人が盗聴の犯人であったという結末。

そこまでの調査にわずか1週間だったというから驚きです。
タグ:探偵
posted by mobaseo at 01:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース

2013年07月08日

自衛隊合コン、恋活イベント

今日、出がけに自衛隊のDVDが飛ぶように売れているというニュースを見かけた。
面白いな〜と思って見ていると、なんと自衛隊員も非常にモテモテであり、隊員と真剣交際をしたい女性を集めた合コンや恋活企画まで大流行という事だった。

まあ、この不況のと震災による様々な要因で日常生活に不安要素が多い昨今、防衛相管轄の特別職国家公務員がお相手ともなれば「頼れる」パートナーであることは間違いない。

しかし、それ以外の男女も今までのちょっと上付いたコンパやイベントは「生産性が無い」と見切りをつけて、結婚相談所が主催するような「恋活サイト」や「恋活イベント」の方に関心が言っていると聞く。

恋活情報を集めたサイト(参考:恋活インフォセンター http://koi-katsu.info/ )などがあるのでチェックしてみてわかったのだが、これらのサービスは基本本人確認必須で、証明書類を提出する必要がある。

それだと敷居が高くて参加者が減るんじゃないの?と思えるのだが、知人の女性にさりげなく聞いてみるとどうもそれは男性の、極めて不真面目な輩の考えらしい。

女性の場合は、真剣に恋人を探そうとなったらまず正体不明の男性が最も信じられない存在だという。

その点、身元や書類確認が厳重なサービスほど、本気の女性が集まるのだ。

言われてみればその通り、身元を明かして本当のプロフィールを登録して、さらに登録料などを収めるというのであれば、不真面目な出会いを求めるような暇な男はまず登録しないだろう。

逆に考えてみると、厳正な登録者管理のできている面倒くさい恋活サービスの方が、真剣に恋愛をしたいという男女がたくさん集まるサービスだという事だ。

広告マーケティングの話になるが、やみくもに人をたくさん集めても成功率は非常に低く、目的が完全に一致した人間を集めることできたなら少数でも非常に成功率が高くなる。

人間同士であっても、同じ目的の人間(真剣交際が目的)を精査して集めておけば、その成功率(カップル率)も段違いに高くなるだろう。
タグ:恋活
posted by mobaseo at 16:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース

2013年05月07日

ネット選挙とホームページ

改正公職選挙法が成立して、この夏からネットでの選挙運動が公に行えるようになったのは周知のとおり。

今まで公職選挙法違反となっていた行為も規制が緩和され、有権者もネットで投票呼びかけを行う事が出来るようになった。

しかし、注意したいのはメールでの選挙活動にはかなり宣言がある事。

簡単な例として、あらかじめ受け取り承諾をしたメールアドレスに、議員ホームページに記載されているメールアドレスから選挙活動に関する内容を受け取るのはOK。

しかし、それを受け取った有権者が知人にメール転送をしたり、内容を引用する事はNG。

SNSやブログに転載するのはOK。

SNSやブログが良くてメールはなぜ制限があるのかすごく疑問に思ったのだが、最近おおよその理由がわかった。

要するに、選挙活動の内容は「オープン」であって、複数の人が同じ内容を検証できる状態である事。

もし誹謗中傷で会ったり、偽情報や、真偽のわからない情報と抱き合わせで投票を妨害する行為があったとしても、その内容は公開されているのでその人物の責任問題となる。

対して、メールの場合第三者が検証できない為、候補者からのメールや議員のメールマガジンなどを改ざんして転送したり、不正な取引が見えないところで行われる可能性があるという事。

このあたりを一つ一つ確認しながら選挙活動を行わないと、捕まってしまうかもしれないというリスクがある。

逆にほぼ解禁と言っていいのは、従来のホームページ、ブログ、フェイスブックやLINE、ミクシーなどのソーシャルネット、ツイッターなど。

これにざっと9000万人オーバーと言われる日本のネット人口が対象となった、ネット選挙革命時代の幕開けとなったわけだ。。

議員ホームページ専門のサービスやSNSアカウント全般のネット選挙サポートを行う会社も出現し、その需要は高まっている。
posted by mobaseo at 17:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース

2013年03月26日

交通事故と弁護士

交通事故というか、ちょっとした接触事故でも経験がある方は分かると思いますが、明らかに相手が突っ込んできて当たったような場合でも「謝らない」「認めない」という態度をとる人が多い。

これは、「交通事故では謝ってはいけない」「非を認めると損をする」という風潮が完全に浸透しているからであると思う。

もちろん対人事故の場合は話は別だが、車両と車両の場合は、現実に保険会社の出す責任の割合で交通法規上の有責が決まるというのも事実であるし、自己を強引に示談にしてしまう事を仕事にしている人(詳細は省くが)がいるのも事実だ。

私の場合、大きな事故の経験はないが、様々な体験談を聞くと事故が起きたら警察と弁護士にはすぐ連絡するべきだと思っている。

交通事故 弁護士 はワンセットで迷わず連絡するというルールだ。


とくに有責の割合が明らかに低い時や、人身事故の被害者になった場合、交渉力や意志の弱い人間がちゃんとした保証を受けられないでうやむやになる事があまりにも多いからだ。

先にも書いたが、押しが強くて口がうまい人間が相手であったり、そのような代理人を立ててきた場合、個人的に示談を承諾してしまったら後から後悔しても遅い。

また、相手がいち早く弁護士に相談した場合にお互いの主張を立証して対等な立場で和解するには、結局弁護士に相談する事になる。

そういうわけで、ほとんどのパターンにおいて弁護士に依頼する必要があるのだから、警察と弁護士にはすぐに連絡するというルールというのは、迷わず遂行するべきなのである。
posted by mobaseo at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース

2012年10月31日

マグネットの全国通販

今回は私の地元仙台の企業紹介として、磁石と磁石を使った産業用部品、装置の専門家「株式会社サンギョウサプライ」を紹介。

超強力永久磁石、ネオジムから各種フェライトマグネットまで、さまざまな種類や形の磁石を取扱いし、個人でも法人でも1個から即日発送してくれる。

オーダーメイドでの特殊な形状の磁石を作成する事もでき、製品の部品としての大量生産にも対応できる。

元々は、私の友人がフリーの冷機屋であり、得先の器具や機械まで何でもかんでも修理を請け負っているうちに工場の異物除去装置の修理まで請け負うようになった。

その際に特殊な形状のマグネットバーを発注できる業者を探した所、なんと川向う(隣町)に国内有数のプロがいる会社があったというわけである。

mag.jpg

取扱いアイテムの豊富さ、価格、加工技術、制作技術、スタッフの知識、生産能力、どれをとっても国内トップクラスの企業がこの東北の仙台にある事を広める為、ここに宣伝記事を寄稿する。

【PR】 マグネットバーはサンギョウサプライ

販売業者 株式会社サンギョウサプライ
所在地 981-1104 宮城県 仙台市太白区 中田 2-6-70-1F
電話番号 022-306-3588
FAX番号 022-342-0186
メールアドレス shopmaster@e-sangyo.jp
ホームページ http://www.e-sangyo.jp/
posted by mobaseo at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース