2013年10月05日

改めてネットで稼ぐ

インターネット上でサービスを提供したり、商品を紹介したりという「ネット完結型」のビジネスは一通りやってみたとは思っている。

私の場合は、自分でメディアを作って提供するよりも、紹介(広告収入、紹介報酬)の方が稼げたので、どうやら中間業者的な商売が向いているようだ。

そういえば、ネットとリアルビジネスをつなげるような商売、例えば商品をネットで宣伝して発送して代金を受け取るというのは未だにやっていないなと思い、「少し余裕も出てきたし、一通り経験しておこう」と考えるようになった。

まず手始めに商売の基本、「安く仕入れて高く売る手(チョキ)」で稼ぐ「せどり」を始める事にする。

自分も趣味で集めていた事もある、「トレカ」「CD」「ゲーム」「本」と定番を買っては売り買っては売りすると、幾分かは利益が出るが効率が悪い。

まだ慣れていないという事もあるが、本などはいくつかチェックして一旦車に戻ってノートパソコンで価格チェックをし、もう一度戻るというようなことが煩わしい。

インターネットせどりの情報サイトで、いくつかのせどりツールをチェックしているうち、あるツールに目を付けた。

海外のamazonで仕入れて日本で売ると差額がいくらになるのか、その差が大きい商品は何かがわかる。

これで、部屋に居ながら海外仕入れと売りを繰り返すのが最も効率がいいと考えた。

しかしよく考えてみると、結局「ネット完結型の商売」に戻ってしまったのでかなり複雑な気持ちだ。
posted by mobaseo at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | メモ
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック