2013年07月08日

自衛隊合コン、恋活イベント

今日、出がけに自衛隊のDVDが飛ぶように売れているというニュースを見かけた。
面白いな〜と思って見ていると、なんと自衛隊員も非常にモテモテであり、隊員と真剣交際をしたい女性を集めた合コンや恋活企画まで大流行という事だった。

まあ、この不況のと震災による様々な要因で日常生活に不安要素が多い昨今、防衛相管轄の特別職国家公務員がお相手ともなれば「頼れる」パートナーであることは間違いない。

しかし、それ以外の男女も今までのちょっと上付いたコンパやイベントは「生産性が無い」と見切りをつけて、結婚相談所が主催するような「恋活サイト」や「恋活イベント」の方に関心が言っていると聞く。

恋活情報を集めたサイト(参考:恋活インフォセンター http://koi-katsu.info/ )などがあるのでチェックしてみてわかったのだが、これらのサービスは基本本人確認必須で、証明書類を提出する必要がある。

それだと敷居が高くて参加者が減るんじゃないの?と思えるのだが、知人の女性にさりげなく聞いてみるとどうもそれは男性の、極めて不真面目な輩の考えらしい。

女性の場合は、真剣に恋人を探そうとなったらまず正体不明の男性が最も信じられない存在だという。

その点、身元や書類確認が厳重なサービスほど、本気の女性が集まるのだ。

言われてみればその通り、身元を明かして本当のプロフィールを登録して、さらに登録料などを収めるというのであれば、不真面目な出会いを求めるような暇な男はまず登録しないだろう。

逆に考えてみると、厳正な登録者管理のできている面倒くさい恋活サービスの方が、真剣に恋愛をしたいという男女がたくさん集まるサービスだという事だ。

広告マーケティングの話になるが、やみくもに人をたくさん集めても成功率は非常に低く、目的が完全に一致した人間を集めることできたなら少数でも非常に成功率が高くなる。

人間同士であっても、同じ目的の人間(真剣交際が目的)を精査して集めておけば、その成功率(カップル率)も段違いに高くなるだろう。
タグ:恋活
posted by mobaseo at 16:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック