2012年10月17日

グーグルの対被リンク対策発動

サイトへの不自然なリンクを否認する新しいツールの提供を開始しました
http://googlewebmastercentral-ja.blogspot.jp/2012/10/a-new-tool-to-disavow-links.html

2012年10月17日水曜日 | 8:37

本日、あなたのサイトと、サイトへのリンクとの関係性を否認する新しいツールの提供を開始しました。

*このツールの正式な名称は「リンクの否認」となります。現在ツール上では異なる名称で表示されていますが、現在修正中でブログ上では正式名称である「リンクの否認」を使用しています。


グーグルがパンダアップデートやペンギンアップデートで、質の悪いリンクや質も悪いコンテンツ(コピーコンテンツなど)を評価しないというスタンスから「ペナルティーを与える」と言うスタンスに変わったことで2012年のSEO対策は激動の年となった。

この現象の裏で、過去に貼った質の悪いリンクや、ライバルから故意に貼られたスパムリンクで順位が落ちてしまい、そのリンクを消すことが出来ずにお手上げ状態のウェブマスターがたくさん存在していた。

この度の、グーグルの発表では、ウェブマスターツールから身に覚えのない嫌がらせリンクや、過去に被リンクを無造作に集めてそのままになってしまったリンクなどを手動で無効にすることができるようになった。

悪影響を与えているリンクを自分で無効にできるという事から、逆にいつでも無効にできると考えて冒険的な被リンク取得に目覚めるウェブマスターも出るかもしれない。

その点が今後どう対応されていくのか注目だ。
タグ:seo
posted by mobaseo at 17:58| Comment(0) | TrackBack(0) | メモ
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック