2012年10月10日

プロミスATM手数料無料!!

三井住友フィナンシャルグループのSMBCコンシューマーファイナンス(旧 消費者金融プロミス)が、提携銀行のATMでの借り入れや返済時の手数料を無料にするらしい。

総量規制、グレーゾーン金利廃止、過払い請求の集中砲火を浴びで武富士は撃沈し、今年またのそのそと動き始めたばかりと言う状況なのに、いち早く「銀行系消費者金融」としてその危機を脱出したプロミスはATM利用料無料とは大した違いだ。

そもそも、プロミスは1962年に創業し、無担保で個人に貸付けを行ったサラ金業界のパイオニアだ(消費者金融厳選情報のプロミスの歴史より)。

こうして消費者金融ブームの時の大手の過去と現在を比べてみるとどうしてプロミスだけが深手を負わずにいられたのだろうか。

まあそれでも、貸金業法が現在のように改正されるまではグレー金利で利益を出していたいわゆる「サラ金」だが、私は細かい面で顧客を引き付ける仕掛けに違いがあるとみている。

たとえば、サラ金を利用するのに抵抗のある若い女性を囲い込むためにこの会社が密かに行っていた仕掛けは「女性専用ダイヤル」だ。

顧客もコールセンターもALL女性と言う事で、背広にパンチの金貸しイメージを一気に払拭することに成功している。

こういう、同じように見えて違う着目点と言うのはあらゆるビジネスで通用する勝ち抜けの法則だ。

実際、今回のATMについても、バックの銀行でのATMだけが無料になっていることから消費者金融利用者を銀行に向かわせて一本化ローンなどで囲い込むような仕掛けを用意しているに違いないと考えている。

タグ:消費者金融
posted by mobaseo at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | メモ
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック