2011年11月17日

音楽共有サービス「Google Music」を発表 2万曲まで無料

Googleが米国でスタートしたGoogle Musicでは、クラウドに2万曲までを無料でアップロードでき、購入した楽曲をGoogle+の友達と共有できる。また、Android Marketからも3大レーベルの楽曲を購入できる。


これはすごい。
iTunesやユーザーが保有している端末に入っている音楽ファイルをAndroid端末のアプリでオンラインで聴くことができるほかに、Googleのソーシャルネットワーク「google+」の友人同士のライブラリをオンライン上で共有できる。

一人1000曲持っている友人が10人で10000曲の膨大な楽曲を無料で共有できるのだ。
(実際は曲がダブることが多いだろうが…)

基本的にストリーミング再生だが、曲にピンを押しておくとその曲をローカルに保存しておいてネットにつながらない環境でも聴くことが出来る。

正式版公開に当たり、Googleは大手音楽レーベルのUniversal Music、Sony Music Entertainment(SME)、EMIのほか、20社以上のレーベルと提携した。いわゆる4大音楽レーベルとしてはWarner Music Group以外と提携したことになる。

それらの楽曲を320KbpsのMP3でダウンロード購入ができる。

Artist Hubというアーティスト登録で自分の曲を販売することもできる。
Artist Hubの登録手数料は25ドル、手数料は30%でそれ以外の費用はかからない。

このすさまじい好条件で、ユーザーもアーティストもレコード会社も利益を得ることができる見事なトリプルWIN状態で、AndroidとGoogle+のユーザーが爆発的に増殖することが予想される。




posted by mobaseo at 11:25| Comment(0) | TrackBack(0) | google
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック