2017年05月23日

ビットコインの未来

ビッグカメラがビットコインを決済に導入したという話を聞きました。

ビットコインを導入してるのはそのほかにも音楽ストリーミングサービススポティファイも記憶に新しく、ぐるなびも各飲食店に導入を促しています。

他にもガス代の支払いができるbitFlyerは複数のLPガス販売事業者と提携し、決済方法の整備を進めているそうです。

そもそもビットコインとはどういうものなのでしょうか?

ビットコインとはインターネット上の取引や通貨発行。

マイニング(採掘)が行われる分散型仮想通貨です。政府や中央銀行などの中央機関を介さず、また、P2P(Peer to Peer)による取引が行われるため、取引の仲介手数料が低く抑えられる利点があります。

P2Pの概念が複数の端末間を対等に通信する手段であり、不特定多数の個人間での直接やり取りを行うネットワークです。

つまり、仮想通貨というデータを各ピアが保持し、不特定多数の個人間で直接やり取りができる取引の匿名性もこのビットコインの魅力です。

これから続々と導入する企業も増えてくるでしょう。

また、このシステムを利用したFX投資や裁定取引(アービトラージ)とFX運用でファンド的な高額配当を狙えるHYIPシステムとして魅力的なBit Monsterは、公開が始まったばかりで正に今が狙い目の投資です。

新しいシステムは人間どうしても構えてしまうものです。

受け入れるにしても受け入れないにしても前もって知識や利便性を知っておくことは重要だと私は思います。
posted by mobaseo at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック