2017年02月24日

不労所得=投資

自分が学生のときに「金持ち父さん、貧乏父さん」を読んでから、不労所得を増やして経済的自由を手にいれたいと思っていました。

不労所得を得る方法は株式投資や投資信託などがありますが、安定的に高いキャッシュフローが得られる投資である不動産投資に着目していました。

不動産投資を検討するにあたって、まず考えたのはどこの不動産を取得するかということでした。

日本国内でもマンション投資が進んでいますが、日本はこの先人口が減っていくことで、借り手が少なくなることが容易に想像できたので、日本国内での不動産投資はまず選択肢から外れました。

そこで、海外ということになるわけですが、アジアなどの新興国については、大きなリターンが得られる可能性を感じましたが、リスクも高そうなので、候補から外れました。

そこで、先進国でかつ不動産投資も進んでいるアメリカに投資をすることにしました。

幸いアメリカには赴任した経験があり、中古の家でも高く取引されていることを実感していたので、自分が不動産を購入したとしても将来そんなに値下がりしないのではないかという思いもありました。(日本だと中古の物件はすごく値下がりしてしまいますよね。)そこで、信頼のおける日本人の不動産業者を見つけて、物件を購入し、平均年7%の利回りで4年間運用できています。

時々大きな補修費を支払うこともあったり、テナントが家賃を払えなかったりと問題もありましたが、管理会社に適切に対応してもらっているおかげで、大きな問題は発生しておらず、不動産投資を始めてよかったと思っています。
posted by mobaseo at 19:51| ビジネス