2016年01月27日

ベビー用品の処分

息子が小学生に上がることになってようやく気が付くのが、乳幼児の時に夢中で買いそろえたベビー用品の数々。

特に都心部のアパートやマンション暮らしの場合は収納も限られており、気が付けばベビーベッドやベビーカーなどがクローゼットの半分以上を占めていることに気が付きます。
粗大ごみや燃えるごみなど一つ一つ分別して処分するとなると時間と手間もかかりますし、処分費用も結構かかるもの。

次のお子さんを考えている家庭でも、それがすぐにという事でなければ一度処分して子供部屋を整理したいという家庭も多いです。

家ではネットで業者を探してベビー用品買取サービスに引き取ってもらいましたが、これが意外に買取価格が高いのです。

実はその前に近所の幹線道路沿いにある総合リサイクルショップに見積もりを依頼したのですが、基本的にああいうお店はゲームや漫画以外はまともな値が付かず、処分費用がかからないだけだけましかと割り切るしかありませんでした。

第一子で踏ん張って購入したブランド品のベビーシートなど、タダ同然というのはよくあることで、本当に納得いきませんよね。

しかし、専門店の場合、一つ一つの用品のメーカーやタイプ、年式によってちゃんと価値を確認してくれるので満足いく査定額を提示してもらう事が出来ました。
タグ:ベビー用品
posted by mobaseo at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック