2015年11月05日

Apple store

駐車場で車を降りようとしたとき、手に持っていたiphoneを誤ってコンクリートの地面に落下させてしまい、画面が割れてほとんど使えなくなってしまいました。カバーは付けていたのですが、運悪く画面のほうから落ちてしまったみたいです。

幸いなことに、私はAppleCare+ for iPhoneに加入していて、その保証期間内(購入日から2年以内)であったことと電話の機能はまだ生きていたので、さっそくAppleのサポートセンターに連絡を取ってみました。

割とすぐに電話が繋がり、サポートの方に現状を説明すると2つの方法を提案されました。

1つ目は近くのApple store、もしくは正規サービスプロバイダに壊れたiphoneを持ち込んでの修理、2つ目はエクスプレス交換サービスを利用することでした。

エクスプレス交換サービスとは、宅配業者が自宅まで交換機を持ってきてくれて、その場で壊れたiphoneと交換し、それをAppleに返送してくれるというサービスです。

Apple storeなどに持ち込む方法だと、わざわざお店まで出向く必要があり、修理までの日数が読めないので場合によっては非常に不便ですが、このサービスだと自宅にいながらにしてリフレッシュ品にはなりますが綺麗なiphoneを手にすることができ、また保証に入っていない場合よりも安くなります。

さっそくその場でサービスを申し込み、後日自宅で宅配業者が交換機を持ってきてくれるのを待ちました。
あらかじめ壊れたiphoneからはsimを抜いておき、業者が持ってきてくれたものと無事交換することができました。

ただ、電池交換やボタン交換などの場合、街の修理屋さん(川崎 iPhone修理 などで検索)に持ち込むと30分ほどで治る種類の不具合の場合、正規店でもすぐに対応してくれればいいのになと思う事もあります。
posted by mobaseo at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | メモ
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック