2015年03月30日

研修とゆとり

先日、知り合いの会社ですが内定者向けの2日間の研修で、早くもやめてしまった新人が居ると聞いて驚きました。

社会人の基本を学ぶ簡単なマナー講座でしたが、こんなだるい事は出来ないという理由だったそうですたらーっ(汗)

私も脱サラした口なのですが、就職するならば、きちんとした企業研修がある会社に勤めるほうが良いと思います。

私の元の勤め先は、ビジネススキルに関する研修がしっかりとしていて、新人にとってとても素晴らしい環境であったと言えます。

こうした企業研修、新人研修と言うものはあまりありませんし、中途採用の場合は、現場研修であることがほとんどです。

私の場合は中途採用で、契約社員だったのですが、1か月ほどの研修がきっちりとありました。

それも座学、そして筆記テスト、そして実技研修などと言った感じでまるで学校の様にみっちりとした研修でした。

座学、そして筆記テストなどでは、学校の様に机を並べ、そして参考書なども大量の参考書を配布され、そしてそれで勉強をするという形でした。

講義などが朝から夕方まで行われ、そしてこの間も給料が出ましたので、ほんとうに良いな、と思いました。

実技研修などが終わった後は、それぞれ配属された職場で働くことになるのですが、この研修があったからこそ現場に出てからもそれほど焦らずに働くことが出来ました。

研修は厳しいですし、なかなか大変でしたが、それでも社内の決まり事、そしてルールなどを学ぶことができ良かったです。
posted by mobaseo at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック